エース引越センター 引越し

エース引越センターの引越しサービス

 

吊り下げ搬入作業について

 

作業内容やサービス内容について

「大型冷蔵庫を2階に運びたい」
「曲がり階段がある」
「ベランダの手すりがアルミ製で傷がつきやすい」
などの問題も、エース引越センターなら問題なく対応が可能です。

 

  • ユニック車

    階段から荷物をあげることができない状況でも、2階に荷物を搬入する事が可能です。

  • クレーン車

    階段から荷物をあげることができない状況でも、クレーン車を使用すれば2階以上に荷物を搬入する事が可能です。

  • ユニック車・クレーン車・オリジナル昇降機の作業スペースを確保できない場合は、地面に柱をたてて滑車により手作業で荷物を引き上げます。

 

 

 

無料保管システムについて

 

建替え期間中に使わない家財を預けたい、新居の近くに仮住まいを借りようと思ったが家財が全部収まりそうになり、少ない家財で小さめの物件を仮住まいにしたい、などのお悩みにはエース引越センターの「無料保管システム」をご利用ください。

 

転居日と入居日にずれがある場合や、住まいを建て替え、リフォームする場合などにご使用にならない家財を6か月間無料で保管します。

 

保管引越し料金例

3LDK…仮住まいの引越し料金・新居への引越し料金 80,000円〜100,000円
4DK …仮住まいの引越し料金・新居への引越し料金 100,000円〜120,000円
5LDK…仮住まいの引越し料金・新居への引越し料金 120,000円〜140,000円

 

保管倉庫に保管できない家財
  • お客様本人の商品価値観と他人の商品価値観が異なる家財
  • 宝石・貴金属・現金・有価証券・美術品・絵画・植物・生動物・火薬類などの危険物・記念品・創作物・権利書などの書類・古書・骨董品・写真などの価格決定が難しいもの・記録されている媒体(フィルムやディスク、CD、コンピューターソフト、図面など)
  • 毛皮や和服などの衣類
  • 照明器具・ガラス製品、人形ケースなどの壊れやすいもの
  • 単品で30万円を超える家具、桐ダンス

 

 ※別途、家財保険に加入いただいた場合や、灰汁の発生があることを確認した上での保管は可能です

 

 

 

減額システムについて

 

6ヶ月間無料になる保管倉庫を使用して、お引越し料金を抑える事ができます。

 

処分作業

使用する家財と使用しない家財を選別し、不要なものは処分する事で荷物の減量につながります。
お引越し料金は荷物量で設定されますので、新居へのお引越し後に処分作業を行うよりも少しお安くなります。

 

コンテナ保管

仮住まいにいる間に使わない物(クリスマスツリーなどの季節もの、洋服、本、普段使わない家具など)は保管倉庫に保管してください。
保管倉庫は1つでも2つでも料金に変更はありません。
仮住まいに移動する際の荷物減量を重視してください。

 

仮住まいへの移動

建替えやリフォーム中に必要最低限の物だけを仮住まいに移動させてください。
荷物量を減らす事で、仮住まいは小さくて住むため経費削減につながります。
また、仮住まいへの引越し料金も抑える事ができます。

 

 

 

価格を抑えるポイント

 

前日積み込み

作業内容やサービス内容について

トラックの空き時間を利用して荷物の積み込みを前日の午後に行い、コンテナに1泊させて次の日に搬入を行うお引越しです。

 

積み込みと搬入を同日に行うとトラックを終日使用する事になるため料金が高くなる事があります。
午後からの作業の場合は時間指定が難しいですが、引越し業者の予定に合わせる事で料金が割安になります。

 

 

荷造りは自分でする

引越スタッフを何人手配するかで料金は異なってきます。
食器や衣類、書籍などの小物類の梱包作業をご自身で行う事で、料金を抑えることができます。

 

 

荷物を自分で運ぶ

仮住まいが近くにある場合は、衣類や小物類などの持ち運びが可能なものはご自身で運び込むと、引越しトラックに積み込む荷物量が減少するので料金が安くなります。